2018年12月8日土曜日

タイユバン・ロブションの想い出

恵比寿にあるフレンチの名店 " ジョエル・ロブション " は、その昔 " タイユバン・ロブション " と呼ばれていた。

パリの3つ星レストランであるロブションとタイユバンとのコラボレーションにより実現した夢のレストラン、それがタイユバン・ロブションである。 

恵比寿ガーデンプレイスとウエッティンホテルに隣接するシャトーレストラン " タイユバン・ロブション " は、タイユバンがサービスを、ロブションが料理を担当、パリの2軒の3つ星レストランが共同して営業しているところから、6つ星レストランとして称されていた。 豪奢なシャトーの偉容を誇る建物の店内は1階と2階に大きく分かれており、1階はルイ15世の王女たちの肖像画がかけられた「カフェ・フランセ」、2階は「メインダイニング」。3階はルイ16世紀様式の「個室(サロン)」となっていた。 中に入ると左手にレセプションがあり、コートを預けた後2階へ案内される。 

さすがにタイユバンのギャルソンは気配り、料理を出すタイミングとも最高で、ソムリエのレベルも極めて高かった。 当時、2階のメインダイングをよく利用したが、コースメニューはうろ覚えだが、

 ・黒トリュフ 茸の入ったあつあつのブイヨンと共に
 ・伊勢海老 ラヴィオル仕立てのエテュベ 人参のクーリで
・真鯛 グリエしてグリンピースの葉を添えサラダ風に
・鴨のフォアグラ ポワレに有塩バターで焼いた干柿を添えて
・ラカン仔鳩 ローストにクレソンとほうれん草のムースリーヌ
・神戸牛ロース肉 ガーリック風味 蕪のアンブーレと共に
 ・フランス産チーズ ・ワゴンサービスのデザート ・カフェ といった内容だったように記憶している。

 因みに、フランス料理のコースでは、チーズはデザートの前に出される。 上記のメヌ(フランス語でメニューのこと)の中でも、特に印象に残っている一皿は「真鯛 グリエしてグリンピースの葉を添えサラダ風に」と「鴨のフォアグラ ポワレに有塩バターで焼いた干柿を添えて」である。 特に「真鯛 グリエしてグリンピースの葉を添えサラダ風に」は魚料理では定評があるタイユバンの実力が遺憾なく発揮された一皿。

また、「鴨のフォアグラ ポワレに有塩バターで焼いた干柿を添えて」は、まさに天才シェフ、ジョエル・ロブションの真髄を味わうにふさわしい逸品。この二つの皿を同時に味わえたのは、世界でもタイユバン・ロブションのみ。今思えばなんとも贅沢な話である。 

食事と合わせる酒は、アペリティフはシェリー(アモンティリャード)、食間のワインはボルドー、ポヤック地区の格付け1級であるLatour(ラトゥール)、そしてディジェスティフはシェリー(ペドロ・ヒメネスかモスカテル)というのが通常のパターンだった。 ワインに関しては、基本的に産地と格付けをソムリエに伝え、シャトーに関してはソムリエの裁量に任せることにしていた。 素晴らしい料理と素晴らしいサービス、一流のレストランは舌を喜ばせ、空腹を満たし、心を豊にしてくれる。 

1990年代後半の古き良き時代の思い出。

2017年10月14日土曜日

MICHELIN Pilot Sport Cup 2を装着した新型ポルシェ911 GT2 RS、 公道走行可能な量産車の最速ラップタイムを記録




「MICHELIN Pilot Sport Cup 2」を装着した新型のポルシェ 911 GT2 RSが、ドイツのニュルブルクリンク・ノルドシュライフェサーキット(全長20.6キロメートル)において“6分47秒3 (平均速度:184.11km/h) ”というラップタイムを叩き出し、公道走行可能なスポーツカーの世界新記録を更新した。

ポルシェのテストドライバーであるLars Kern (ラース・カーン) がドライブするポルシェ 911 GT2 RSにはMICHELIN Pilot Sport Cup 2が装着されており、今後ツフェンハウゼンにあるポルシェの工場で生産される車の80%にこのタイヤが装着される予定。

最速ラップタイム記録後、ラース・カーンは「新型GT2 RSの純粋な性能を言葉で表現するのは難しい。いずれにしても、シャーシとタイヤの間に完璧な調和とバランスがなければ、ここまで速いタイムは出せないだろう」と語った。

MICHELIN Pilot Sport Cup 2はすでに918 Spyder、Cayman GT4、911 GT3、911 GT3 RSなど、ポルシェが生産する数々のクラス最高レベルの車に新車装着タイヤとして採用されており、世界の最高峰のモータースポーツで鍛え抜かれ開発された技術が惜しみなく投入されている。




2017年4月26日水曜日

Kawasaki H2R最高速世界記録(時速400km)を樹立!


2016年6月30日、トルコのオスマン・ガジ橋において、KAWASAKI Ninja H2Rの最高速テスト行なわれた。

0スタートから僅か26秒で最高速時速400kmを叩き出したKAWASAKI Ninja H2Rは、見事市販バイク最高速記録を樹立した。

テクノロジア・ジャポネーゼの奇跡。これが技術立国日本の実力だ。


2017年4月3日月曜日

加速と遠心力の狭間

かつてハヌー・ミコラはアウディの開発陣にこう言った。

「ともかくまっすぐ走りクルマを作ってくれ。曲げるのは僕らの仕事だから。」

その言葉を端的に表すようなヴァルター・レアルの走り。

アウディ・クアトロは、" 点と点を線で繋ぐ " 典型的なオールドターボマシンの走りそのもの。

直線は怒涛の加速。

Gr.Bという狂気の時代に君臨したティラノザウルス、それがアウディ・クアトロである。


2017年2月20日月曜日

日本ミシュランタイヤが次世代の走りを生み出すハイスペック・スポーツタイヤ「MICHELIN Pilot Sport 4 S」を発売




 日本ミシュランタイヤ株式会社は、スポーツ走行でのハイパフォーマンスと安全性能を高い次元で両立したハイスペック・スポーツタイヤ、「MICHELIN PILOT SPORT 4 S(ミシュラン パイロット スポーツ フォー エス)」を4月1日より発売する。サイズは19インチおよび20インチの計39サイズで、価格はオープン。

スポーツカーや高性能車両向けに開発されたMICHELIN PILOT SPORT 4 Sは、新車装着用タイヤとして世界の名だたる自動車メーカーによる採用実績を数多く有する、MICHELIN Pilot Super Sportをさらに進化させたミシュラン・パイロットスポーツシリーズのフラッグシップモデル。すでに世界で開発中の60を超える新型車両に当製品が装着されるプロジェクトが進行している。

MICHELIN PILOT SPORT 4 Sは車両の本来持つ性能を余すところなく引き出し、ユーザーが求めるハイレベルなスポーツ走行の悦びと安全性能の両立にその実力を発揮する。公道はもちろん、走行会などのサーキット走行をも可能にしていることが、そのパフォーマンスの高さを証明している。

また、高次元のドライ&ウェットグリップと優れた応答性・操作安定性を備えるハイスペック・スポーツタイヤでありながら、タイヤラベリング制度においてウェットグリップ性能“a”を備え、ミシュランのタイヤづくりのポリシーである「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」を具現化している。



非対称トレッドパターン
ドライ路面でもウェット路面でも高いグリップを確保。


バイ・コンパウンドテクノロジー
2種類のコンパウンドによりドライ路面でもウェット路面でもグリップを確保。

OUT SIDE:最大限のドライグリップを発揮するためにシリカとカーボンブラックの
ハイブリッドコンパウンドを新たに開発。

IN SIDE:シリカの結合力を高めた新コンパウンドがウェット路面で優れたグリップを発揮。


ウルトラ・リアクティブ・トレッドパターン
直進時、コーナリング時の接地面圧を最適化、広い接地面を確保





全サイズ リムプロテクターとプレミアムタッチデザインを採用





問い合わせ先:お客様相談室 Tel:0276-25-4411
日本ミシュランHP michelin.co.jp/










2017年1月31日火曜日

ミシュラン、専用設計のMICHELIN Pilot Sport Cup 2を新型Mercedes-AMG GT R向けに供給




ミシュランは「Mercedes-AMG GT R」向けに専用設計した「MICHELIN Pilot Sport Cup 2(ミシュラン パイロット スポーツ カップ ツー)」がMercedes-AMG GT Rの新車装着タイヤとして正式採用されたと発表した。

MICHELIN Pilot Sport Cup 2はサーキット走行でのタイムアップを主眼に置きながらも、公道での走行に必要な性能を犠牲にしないタイヤ作りを目指して開発されたスポーツタイヤ。

MICHELIN Pilot Sport Cup 2の主な特徴は、世界耐久選手権などのモータースポーツ向けに開発された最新のコンパウンド、そして最適にデザインされたタイヤ形状と非対称トレッドデザインの2点。この組み合わせにより、Mercedes-AMGのエンジニアが重視するサーキットでのハンドリングやグリップ性能、耐久性といった要求に応えることのできる高いトータルバランスを実現している。

ミシュランのエンジニアは、公道はもちろんサーキットでの変化の激しく厳しい条件下でも最高レベルの安全性を発揮する一方で、耐摩耗性において妥協を許さない高性能タイヤをデザインするという二律背反な課題を抱えていた。

18か月に及ぶ開発の過程で、ミシュランは約900本のプロトタイプタイヤと800本のプレシリーズタイヤを製造、テストを実施した。テストはイタリア・ナルド、ドイツ・ニュルブルクリンク、それにフランスのクレルモン・フェラン近郊のミシュランのラドゥー・テストコースなど、多くのサーキットで、ミシュランのテストドライバーとMercedes-AMGのエンジニアの両者により徹底的に行われました。

フロント: MICHELIN Pilot Sport Cup 2 275/35ZR19(100Y)XL MO
リア: MICHELIN Pilot Sport Cup 2   325/30ZR20(106Y)XL MO